あさイチ スゴ技Q  化粧くずれを防ぐ方法

7月18日のあさイチでは、化粧くずれを防ぐ方法を放送していました.

 

夏は汗だけではなく、皮脂の量が冬の1.5倍あるので、過剰な皮脂がファンデーショの油分と混ざり合うことで、メークくずれしやすくなる。

 

ヘアーメークアップアーティストの長井かおりさんがモデルにメークをしながら、夏でも崩れにくいメーク術のポイントを説明してくれた。

 

長井さんによると、重要なポイントは、いかにリキッドファンデーションをピタッと肌に密着させるかであるそうだ。

 

<ファンデーションを肌に密着させるために

何を冷やす?>

1化粧水 2ファンデーション

3スポンジ 4顔を冷水につける

 

正解・・スポンジ

 

使うのはドラッグストアなどで売っているお買い得な使い捨てスポンジ。

 

清潔な保存容器(タッパーなど)にスポンジを水に浸して、保存容器ごと冷蔵庫で冷やす。数日分、まとめて冷やせば便利。

 

使うときは水から出して、固くしぼる。

これが、夏必勝アイテムの「ぬらし冷やしスポンジ」!

  

<リキッドファンデーションの塗りかた>

1)下地は必要最小限の量で。

2)下地をぬった顔にリキッドファンデーションを

「ぬらし冷やしスポンジ」で薄くのばす。

3)気になるシミやクマには

 リキッドファンデーションを重ねづけして、

 上から軽くたたくようにタップする

      ↓(その結果)

カバー力も出るし、圧をかけることでファンデーションがピチッと肌に密着するという仕組み

 

<なぜ「ぬらし冷やしスポンジ」だと密着するのか?>

皮膚科医の吉木伸子先生によると冷やしたスポンジでメークすることによって、汗の分泌が抑えられるので、皮膚にくっつきやすくなる。

 

冷えたスポンジが肌にあたることで、皮膚温度が一時的にさがり「涼しい」という感覚が脳に伝わり、汗を抑えられると考えられる。

 

さらにスポンジの水分で余分な皮脂をふきとる効果も期待できる。

 

さらに、キープ力アップの2ステップが紹介されていた。

 

ステップ1 おしろい

おしろいは、皮脂を吸着して日中、肌表面をサラサラに保つ役割がある。

崩れやすい時期におしろいは必須のアイテムになる。

特に崩れやすいTゾーンは、パフでしっかり押さえるようにのせ、そのほかの場所はブラシで軽くふわっとのせるだけ。

 

これで、ベタっとしない、ナチュラルなベースメークになる。

 

ステップ2 ミスト化粧水

最後の仕上げは、ミスト状の化粧水を浴びること。

顔に直接、ふきかけるのはNG。

頭上にふきかけ、肌にこまかいミストを感じたら、手の平で軽くおさえ、肌にしっかりミスト化粧水を密着させる。

 

これで、完成。

 

吉木伸子先生によると

①ファンデーションは固形よりリキッドファンデーションやクリームのほうが崩れにくい(肌への密着度が高い)

②メイクをする環境も大事。エアコンをきかせたり、ウェットティッシュを首筋にあてたりする(涼しい環境でメイクする)

 

しかしNG行為もあります!

×氷水

×キンキンの冷水

これらは、急な温度変化で顔の血管が開き、赤ら顔になり、肌によくない。