生命38億年スペシャル人間とは何だ・・!?① 健康長寿の秘訣

ミニクイズ

脂肪が足りないと体のあるパーツの働きが悪くなるというのだが、どこか?

 

答 脳 脳の60%は脂肪でできている。

脳内の脂肪酸が不足すると、情報伝達のスピードが落ち、脳の回転が鈍る

 

今回は健康長寿の秘訣について、紹介します。

93歳のぎんさん(「きんさん」と「ぎんさん」という長寿だった姉妹)の末っ子、蟹江美根代さんの生活に松たか子が密着。

 

顔も手もしわが少なく、見た目が若い美根代さん。

伊賀瀬道也先生によると、見た目が若い人は血管の年齢も若いということがわかってきているようだ。

 

卵をいれて、お味噌汁を作る美根代さん。

週に4つ程度、卵を食べると糖尿病のリスクが減るといわれている。

 

健康的に生活するには、下の中から毎食7種類は摂取するのが理想と言われている。

①肉

②魚

③卵

④乳製品

⑤大豆

⑥海草

⑦イモ

⑧果物

⑨油

⑩緑黄色野菜

 

美根代さんは上の7種類をクリアした朝食を作っていた。

 

 食後に美根代さんは松たか子と談笑。

研究では、毎日笑う高齢者は、脳卒中の発症リスクが低いそうだ。NK細胞という免疫細胞が活性化され、がんや老化にともなって出てくる悪い物質をやっつける細胞の働きを高めてくれる。

 

美根代さんは散歩を日課にしている。歩くスピードが速いが、歩行速度が重要と専門家は指摘する。

歩行速度を意識することで筋力もつき、介護のリスクを減らすことができるようだ。

 

美根代さんは自転車にも毎日のように乗る。オリジナルストレッチも家でしている。

 

喫茶店で、ホットコーヒーと卵サンド、唐揚げを ぱくぱく食べる美根代さん。

コーヒーは脳卒中リスクを20%低下させる

 

東京都健康長寿医療センターで美根代さんの肌年齢や血管年齢などチェックした。

 

結果は・・

美根代さんの肌年齢は65歳(マイナス28歳)

血管年齢は実年齢よりマイナス10歳

腸内細菌スペルミジンが高濃度に含まれていた。

スペルミジンは、老化を防ぐ細菌である。(豆、長期熟成したチーズなどに含まれる)