8月29日 この差って何ですか? 毒出しうがい 「歯周病になりやすい人、なりにくい人」

歯周病は30代以上だと8割が患う国民病

 

(歯周病の症状)

〇 歯磨きで出血する

〇 寝起きに口の中がネバネバする

〇 歯が長くなったように見える

 

歯周病は心筋梗塞、脳梗塞など

命にかかわる病気を引き起こす可能性がある

 

歯周病の原因は、食事のあとに残った食べカス。

食べカスに細菌が集まり、口の中をむしばむことで歯を支える骨や歯茎を破壊してしまう。

 

さらに、その最近は口の中の傷口から血管に入り込んで、全身に広がる。血管の壁をむしばむことで、そこが腫れあがり、血流が止まってしまい、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす。

 

毒だしうがいとは、歯周病の原因である食べカスと、そこに集まる細菌をすっきり取り除く効果的な方法のこと。

 

今回の専門家は本の著者の照山裕子先生(医学博士)

「歯周病になりやすい人」と「歯周病になりにく人」の差を教えてもらう。

 

「歯周病になりやすい人」

〇 加齢

 

年齢と共にリスクは上がる。

 

〇 喫煙

 

たばこの成分が血流を悪くする。

歯周病のバイ菌から体を守る力が下がる。

 

〇 歯磨き・うがいが下手

 

歯ブラシで歯をみがいたとき、汚れは6割しか取れない。

 

歯周病の予防で大事なのは、歯と歯茎の境目をターゲットにしていくので、デンタルフロスや歯間ブラシは必ず使ったほうがいい。

 

しかし!

外出先で歯磨きできないときがある。

そんなとき、やってほしいのが毒出しうがい

うがいをして、口の中をきれいにする。

食べカスがより効果的にとれるのが毒だしうがい。

 

<やり方>

ポイントは口に含む水の量

水の量はおちょこ1杯くらいで十分

少しの量で、グチュグチュっと強い力で動かすことが効果的

 

① おちょこ1杯分のお水を口に含む

②いきおいよく歯に水をぶつけて、歯の間の食べカスを取る。

③上下左右の4方向に水を動かす。

    ↓

まず前歯に強く速く水をあてる(鼻の下が膨らむくらい)

そして下

そして左

そして右

4方向に各10回ずつ、計40回

 

 水より効果的なのが緑茶

カテキンという成分が入っている

緑茶には殺菌・消臭効果がある