9月12日 林修の今でしょ! 栄養学 夏に弱った体を元気に戻す。今、食べるべき秋野菜 4位~6位

第4位 紫外線で傷ついた肌と髪を回復する秋野菜・・ニンジン

秋から冬にかけて甘みや栄養価が高い。

 

ニンジンのすごい栄養素はβーカロテン

 

Q肌や髪を回復してくれるβーカロテンが多く含まれているのは?

A芯が小さい B芯が大きい

 

正解・・A芯が小さい

芯の部分を通してニンジンは土から葉っぱに栄養を運んでいる。芯の部分が大きいと、それだけ栄養分が葉っぱに行ってしまう。ニンジンは芯の小さいものがおすすめ。

 

*ニンジンは黒ずんでいないものがおすすめ

 

Q βーカロテンが最大限にとれる調理法は?

A生のまま食べる B油で炒めて食べる

 

正解・・B油で炒めて食べる

 

βーカロテンの栄養吸収率

生のニンジン→約8%

油で炒めたニンジン→約70%

 

第5位 夏に蓄積したダメージを回復する栄養をもった秋野菜・・・レンコン

 

夏は冷たい食べ物や飲み物をたくさんとってしまうので、胃腸が冷えて働きが悪くなってしまう。

レンコンは胃腸を回復する栄養素を2つもっている。ムチンとビタミンC

 

Q胃腸を回復するムチンやビタミンCなどの栄養価が高いレンコンはどっち?

A穴が小さい B穴が大きい

 

正解・・A穴が小さい

レンコンの穴の部分は空気を通す穴の機能はあるけれど、空気が通るということは酸化現象が起き、レンコンの栄養素が壊れてしまうので穴は小さい方が良い

 

ムチンはレンコンに含まれるネバネバ成分。食物繊維としても免疫力を上げ、様々な良い機能をもっている。ムチンはばい菌や病原体から体を守ってくれる。

 

レンコン(生)100g ビタミンCの量は約48mg

レモン(果汁)1個分 約20mg

 

ビタミンCは体の老化などの原因となる活性酸素を撃退し、弱った胃腸の回復を助ける。

 

Q胃腸を回復するムチンを最大限に引き出す調理法は?

Aすりおろす B輪切りにする

 

正解・・Aすりおろす

レンコンはすりおろすことでより粘り気が出て、ムチンの成分がアップする。

粗切りにして、ミキサーにかけてもOK。

 

*レンコンは油で炒めるとビタミンCが壊れにくい。

 

 

第6位 免疫力をアップし、かぜ・インフルエンザ・感染症予防につながる秋野菜・・・しいたけ

 

ビタミンD=免疫力をあげ、感染症に打ち勝つ力がある

 

Q免疫力をアップさせるビタミンDがより多いしいたけはどっち?A生のしいたけ  B干ししいいたけ

 

正解・・B干ししいたけ

干ししいたけは生しいたけの約10倍のビタミンD

生しいいたけも30分~1時間天日干しするとビタミンDが約10倍になる

 

Qしいたけの栄養をより多くとれる調理法は?

A細かく刻んで調理 Bまるごと調理

 

正解・・A細かく刻んで調理

しいたけは細かくするほど、栄養アップ

細胞壁を壊すと中から栄養成分と旨味(うまみ)成分が出てくる

 

QビタミンDがより多くとれる調理法は?

A油で炒める B煮込む

 

正解・・A油で炒める

しいたけのビタミンDは脂溶性ビタミンなので、油で炒めると吸収率がアップする