9月12日 林修の今でしょ! 食中毒 0157対策

9月は夏の疲れがでて、免疫が低下して食中毒になりやすい。

9月に気をつけたい3つの菌

0157

 

Q 0157は牛肉の表面にしかいない

〇か✖か?

 

 正解・・〇

焼き方や下準備を間違えなければ大丈夫

 

Q 0157は熱を加えれば死滅する

〇か✖か?

 

 正解・・〇

わずかな菌でも口から入れば食中毒になる

 

Q 0157は冷凍保存すれば死滅する

〇か✖か?

 

 正解・・✖

酸に強い。胃酸を通過して、腸の中で毒素を作る

 

Q 0157のリスクを下げる「焼肉」の食材を買うときの袋のつめかたは?

 

正解・・肉とその他の食材を別々の袋に入れる。さらに小分けのビニールに肉を入れる。(肉の汁(ドリップ)に0157が潜んでいる恐れがある)

 

基本的に豚肉・鶏肉には0157はいない

 

Q 0157のリスクを下げる「焼肉」の正しい盛り付け方は?

 

正解・・生肉をさわったもので野菜に触れない。先に野菜を盛りつけ、最後に生肉を盛る。生野菜は別の皿に盛りつける。

もし、野菜に肉がついたら、水洗いすればOK。

肉を切った包丁の洗い方が不十分で野菜にうつることもある。

肉を切ったあとは熱湯消毒をするか包丁を変え、まな板も変える。

 

Q 0157のリスクを下げる「焼肉」の正しい焼き方は?

 

正解・・生肉を扱うときはトングで、皿にうつすときはお箸(菜箸)にする。

生肉を触ったトングは焼きあがった肉には使わないこと。

また、生肉に触れた箸を口に入れないこと。

 

*75°Cで1分以上焼けば、菌は死滅する。

 

*0157は肉の表面につくが、ハンバーグのようにこね合わせているものは危険。完全に火が通ればいいけれど、中途半端な加熱だと中で菌が生き残って食中毒になる。

 

 *肉を冷凍しても0157はほぼ死なない

 

*ホルモンは腸なので、他の部位よりしっかり焼く。