11/14 たけしの家庭の医学 高血糖や動脈硬化を防ぐ食材

11/14に放送された名医とつながる!

たけしの家庭の医学より

 

①血糖値を低下させる栄養素は

βクリプトキサンチン。

この栄養素が豊富なのがみかん。

 

みかんをどのくらい食べれば血糖値を下げる

効果があるのか。

1日に3個。分けて食べたほうがいい。

それ以上食べると糖分が多くなる。

 

②動脈硬化を防ぐ栄養素は

ビタミンB

 

ビタミンBの摂取量が多い人は

心筋梗塞のリスクが2分の1になる。

ビタミンBには血管を老化させる物質を

取り除く働きがある。

 

ビタミンBの多い食材は

肉類

魚(さんま、まぐろ、かつお、いわし)

魚卵(いくら、たらこ)

貝類

玉子

豆類

にんにく

緑黄色野菜

のり

唐辛子

 

特に血管の老化防止に役立つ3つの栄養素は

ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸で

それらをバランスよく豊富に含まれている食材

レバー(豚、牛、鶏)

 のり