がんを遠ざける5つの生活習慣

NHKきょうの健康 病気にならない21の鉄則(2017年6月8日発行)より

 

1 禁煙を。タバコはがんの最大のリスク

 

2 お酒はほどほどに。過度の飲酒には注意。

 飲酒しながらの喫煙は、さらにリスクを高めるので、注意を!

 

3 野菜の摂取を心がける。減塩、熱いものはひかえる。

 塩分濃度の高い食品が胃に入ると、胃液を守る粘膜が破壊され、胃酸による刺激に直接さらされる。

その結果、炎症をおこし、胃炎が慢性化すると発がん物質の影響をうけて、胃がんを発症させやすくなる。

 

また熱いものは、食道や口腔(こうくう)、咽頭(いんとう)の粘膜を傷つけ、がんのリスクになる。

 

4 適度な運動で体を動かす

 スポーツだけではなく、日常の生活活動も含める。推奨されているのは、歩行またはそれと同等以上の身体活動を毎日60分は行い、週1日は息をはずみ汗をかく程度の運動を行う。

 

5 太りすぎず、やせすぎず

 太りすぎは大腸がんのリスクに。やせすぎは、免疫力を低下させる。 

8月7日 主治医が見つかる診療所

 2017/8/7 むせる、せきこみ、誤(ご)えんを防ぐ~ のどを鍛えれば10歳長生き~

 

現代人はパソコンやスマホを多用。

声を出す機会が前より減り、のどの衰えも指摘されている。

 

簡単なテストでいくつ当てはまるかチェック。

 

Q1 食事中にむせるようになった。

Q2 せきばらいが増えた

Q3 寝ている時にせきこむことが増えた

Q4 飲み込む時にひっかかる感じがする

Q5 たんがのどによく溜まるようになった

Q6  声のかんじが変わってきた

Q7 時々のどが詰まったかんじがする

 

2個以上当てはまると、のどの力が弱くなっている可能性がある。

6個以上当てはまると、すでにのどが弱っている可能性がある。

 

 

筋肉は30代から弱ってくる。でも、トレーニングによって、筋力をキープできる。

 

高い声を出すときは、のどぼとけが上に持ち上がる。

 

① 例えば、舌を伸ばしながら「あ~え~い~お~う~」と声を出す。

 

②他の運動は、へそに手を当てて短く「あえいおう」と発声する。

 

③一息で、一番低い声から高い声に変えてまた低い声にもどす。

 

筋肉を作ったり、唾液(だえき)を分泌する食材

レバー

ウナギ、タラ、モロヘイヤ

 

誤えんの予防で注目されているのは、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という漢方薬。誤えんを防ぐ作用がある。

 

のど筋トレをご紹介。

① おでこプッシュ・トレーニング

まず、おへそを見るように、下を向く。

手のひらの付け根の部分でおでこを上に押す。

そうすると、首に力が入った状態になり、のどぼとけの上に力が入る。

5秒間キープを10セット繰り返す。

 

② マウス・イー・トレーニング

「イー」と言いながら、口を横に思いきり開く。そうすると、のどぼとけの上の筋肉が鍛えられる。

 5秒間キープを10セット繰り返す。

 

2017/7/19 NHK ガッテン 疲れ目撃退 

2017/7/19 NHK ガッテン 疲れ目撃退 

 

去年の目薬の売り上げは年間500億円。

 

 

寄せ目チェックをすることで、疲れやすい目かどうかをチェックすることができます。

 

寄せ目が上手くできなかった人で、1分目を閉じた(疲れ目を解消した)人は、テストの成績があがりました。

 

ガッテンでは、1時間に1分間、目を閉じることを推奨。

 

重い疲れ目の方は、「プリズムめがね」を使う方法も。

 

プリズムめがねは、光を屈折させることで、寄せ目が苦手な人でも楽に近くを見ることができるようにするめがねです。

斜視の専門医のいる眼科で、処方箋をもらい、プリズム眼鏡を取り扱っている眼鏡の店にもっていくと、作ってもらえます。(保険適用外)

 

斜視の方で、プリズムめがねで解決しない方は、斜視の手術の方法があり、目の外側の

筋肉をゆるめて眼球の方向をずらすというもの。

手術時間は30分程度で、日帰りも可能です。

たけしの家庭の医学 8月8日(火) 健康寿命をのばす

免疫力をアップさせる細胞のアンテナとは?

夏バテで夏風邪をひいて、ダウンということはありませんか?加齢によって、免疫の機能が衰えやすいのです。

 

細胞のアンテナとは・・

 糖鎖(とうさ)=8種類の糖が免疫機能に大きな役割をはたしている。

 

アンテナの機能が弱まると、免疫機能が低下して、敵をみつけられなくなる。

 

細胞のアンテナの力の弱い人と強い人の差

24歳と63歳の女性のちがい

    ↓

細胞のアンテナは加齢とともに薄くなり、短くなる。すると情報を受信できなくなる。

 63歳の女性も免疫細胞は元気でも、外敵を察知できず、駆逐(くちく)できない。

がん細胞や細菌などを見逃しやすい。

 

しかし免疫力をあげる最強の食べ物がある!

健康な百寿者は糖鎖が長い人が多かった。

若くてもストレス、たばこ、睡眠不足だと糖鎖が短い可能性がある人もいる。

 

糖鎖を長くするには何を食べたらいいのか?

⇒EBN・・Edible Bird’s nest つばめの巣

 

つばめの巣(つばめの唾液だえき)にはシアル酸がふくまれている。

 

つばめの巣に含まれるシアル酸・・200mg

 

 シアル酸・・細胞のアンテナを構成する糖の一種。アンテナの先端で様々な情報を受信。しかし、つばめの巣は高級で、50g(7~8個)で約2万円程度。

 

 

他の食材は、まだ研究の途中であるが、番組で独自に調査。

     ↓

シアル酸が多く含まれているのは?

1位 子持ちシシャモ

  (カラフトシシャモ)2匹

     シアル酸・・197mg

2位 鶏の卵4個 

   シアル酸・・227mg

    糖鎖が多い

 3位 たらこ1腹(はら)

   シアル酸・・180mg

 

つばめの巣が手に入らなくても、子持ちシシャモ、タマゴ、たらこで代用できることが判明した。 

あさイチ スゴ技Q  化粧くずれを防ぐ方法

7月18日のあさイチでは、化粧くずれを防ぐ方法を放送していました.

 

夏は汗だけではなく、皮脂の量が冬の1.5倍あるので、過剰な皮脂がファンデーショの油分と混ざり合うことで、メークくずれしやすくなる。

 

ヘアーメークアップアーティストの長井かおりさんがモデルにメークをしながら、夏でも崩れにくいメーク術のポイントを説明してくれた。

 

長井さんによると、重要なポイントは、いかにリキッドファンデーションをピタッと肌に密着させるかであるそうだ。

 

<ファンデーションを肌に密着させるために

何を冷やす?>

1化粧水 2ファンデーション

3スポンジ 4顔を冷水につける

 

正解・・スポンジ

 

使うのはドラッグストアなどで売っているお買い得な使い捨てスポンジ。

 

清潔な保存容器(タッパーなど)にスポンジを水に浸して、保存容器ごと冷蔵庫で冷やす。数日分、まとめて冷やせば便利。

 

使うときは水から出して、固くしぼる。

これが、夏必勝アイテムの「ぬらし冷やしスポンジ」!

  

<リキッドファンデーションの塗りかた>

1)下地は必要最小限の量で。

2)下地をぬった顔にリキッドファンデーションを

「ぬらし冷やしスポンジ」で薄くのばす。

3)気になるシミやクマには

 リキッドファンデーションを重ねづけして、

 上から軽くたたくようにタップする

      ↓(その結果)

カバー力も出るし、圧をかけることでファンデーションがピチッと肌に密着するという仕組み

 

<なぜ「ぬらし冷やしスポンジ」だと密着するのか?>

皮膚科医の吉木伸子先生によると冷やしたスポンジでメークすることによって、汗の分泌が抑えられるので、皮膚にくっつきやすくなる。

 

冷えたスポンジが肌にあたることで、皮膚温度が一時的にさがり「涼しい」という感覚が脳に伝わり、汗を抑えられると考えられる。

 

さらにスポンジの水分で余分な皮脂をふきとる効果も期待できる。

 

さらに、キープ力アップの2ステップが紹介されていた。

 

ステップ1 おしろい

おしろいは、皮脂を吸着して日中、肌表面をサラサラに保つ役割がある。

崩れやすい時期におしろいは必須のアイテムになる。

特に崩れやすいTゾーンは、パフでしっかり押さえるようにのせ、そのほかの場所はブラシで軽くふわっとのせるだけ。

 

これで、ベタっとしない、ナチュラルなベースメークになる。

 

ステップ2 ミスト化粧水

最後の仕上げは、ミスト状の化粧水を浴びること。

顔に直接、ふきかけるのはNG。

頭上にふきかけ、肌にこまかいミストを感じたら、手の平で軽くおさえ、肌にしっかりミスト化粧水を密着させる。

 

これで、完成。

 

吉木伸子先生によると

①ファンデーションは固形よりリキッドファンデーションやクリームのほうが崩れにくい(肌への密着度が高い)

②メイクをする環境も大事。エアコンをきかせたり、ウェットティッシュを首筋にあてたりする(涼しい環境でメイクする)

 

しかしNG行為もあります!

×氷水

×キンキンの冷水

これらは、急な温度変化で顔の血管が開き、赤ら顔になり、肌によくない。